トップ > AGA治療Q&A > AGA(男性型脱毛症)とは? > AGA(男性型脱毛症)は様々ある脱毛症状の1つ

AGA(男性型脱毛症)は様々ある脱毛症状の1つ

AGAは男性型脱毛症といい、円形脱毛症・炎症性脱毛症・外傷性脱毛症・薬剤性脱毛症など様々ある脱毛症状のうちの1つです。 なんとなく髪の毛がハゲてきて、薄毛が気になってきても、その薄毛の症状がAGAとは限らず、実は病気がもとで引き起こされている可能性もあるため、注意が必要です。 自己判断で薄毛対策はせずに、医療機関で薄毛の症状をみてもらうことが適切です。

AGAになると、髪の生え際が後退してきたり、頭頂部が薄くなったりするのが特徴です。30代後半や40代になって進行するケースが多いですが、なかには早い方で20代前半からAGAの症状があらわれるケースもあります。

AGAの症状には進行性があるため、そのまま気付かずに放っておくと、抜け毛の割合が多くなり、薄毛が目立つようになります。普段頭頂部はあまり鏡でみることはないため、気づいたら頭頂部のAGAの症状が進行していることもあります。

次の症状があらわれたら要注意です。 もしかしてこれってAGA?と思ったらチェックしてみてください。

AGAの初期症状チェックリスト

髪が細くなり、コシもなくなったため、ボリュームが出づらい
分け目の部分が以前よりも広がってみえる
シャンプーすると、大量の抜け毛(200本以上)で排水口が詰まる
朝起きると、枕にたくさんの抜け毛がついている
額の生え際がなんだか後退しているような気がする
以前より髪型がセットしにくくなった
後頭部が薄くなっているという指摘を受けた

どうでしたでしょうか?1つでも当てはまるなら、AGAの症状が出始めている可能性も! 早めにAGA治療専門クリニックで無料カウンセリングを受けてみることをおすすめします。
AGAは男性型脱毛症といい、円形脱毛症・炎症性脱毛症・外傷性脱毛症・薬剤性脱毛症など様々ある脱毛症状のうちの1つです。 なんとなく髪の毛がハゲてきて、薄毛が気