AGAは、症状が発生する部位や進行度合いによって【ハミルトン・ノーウッド分類】で分類されます。 【ハミルトン・ノ" /> AGAの進行度合いの分類【ハミルトン・ノーウッド分類】-横浜のおすすめAGAクリニック

トップ > AGA治療Q&A > AGA(男性型脱毛症)とは? > AGAの進行度合いの分類【ハミルトン・ノーウッド分類】

AGAの進行度合いの分類【ハミルトン・ノーウッド分類】

AGAは、症状が発生する部位や進行度合いによって【ハミルトン・ノーウッド分類】で分類されます。

【ハミルトン・ノーウッド分類】は、アメリカの医師ハミルトンがつくった薄毛のパターンを、医師ノーウッドが改定を行ってつくられたもので、薄毛の進行度合いの目安として現在でも使用されています。

AGAのパターンを進行度ごとにI型からⅦ型まで分類されており(数字が大きくなるほど薄毛が進行)、進行パターンとしては、大きく、M型(生え際から後退していくパターン)とO型(頭頂部から薄毛になっていくパターン)に区分されます。

AGAには進行性があるため、なるべく早い段階で症状に気付き、クリニックでの専門治療を受けることをおすすめします。

【ハミルトン・ノーウッド分類】による進行度合い

Ⅰ型:正常範囲。抜け毛が増えているが毛髪再生が追いついている状態
Ⅱ型:前頭部がやや後退し始めている。抜け毛の量も増加しており、前頭部の髪の密度が減ってきている。髪の毛が薄くなったと実感し始める段階。
Ⅲ型:前頭部の後退が進んでいる状態。局所的に肌が露出しているところが存在することもあり。
Ⅳ型:前頭部の後退はさらに進む。頭頂部まで薄毛は続いている。全体的にボリュームがなくなり、局所的に肌の露出がある。
Ⅴ型:前額部と頭頂部の肌の露出がつながっている段階。薄毛になっているが、まばらながら髪の毛が存在している状態。
Ⅵ型:正面から頭頂部にかけて肌の露出が激しく、横・後方にと進行している状態。
Ⅶ型:わずかに髪の毛が残っている程度。

pic/aga/300x200.jpg" /> AGAは、症状が発生する部位や進行度合いによって【ハミルトン・ノーウッド分類】で分類されます。 【ハミルトン・ノ