2010年4月、専門医10人から構成される日本皮膚科学会により、日本国内で提供されている薄毛の対処法・治療法が精" /> 医学的根拠の高い治療を把握できる【AGAの診療指針】-横浜のおすすめAGAクリニック

トップ > AGA治療Q&A > AGA(男性型脱毛症)とは? > 医学的根拠の高い治療を把握できる【AGAの診療指針】

医学的根拠の高い治療を把握できる【AGAの診療指針】

2010年4月、専門医10人から構成される日本皮膚科学会により、日本国内で提供されている薄毛の対処法・治療法が精査・評価され、【AGAの診療指針】としてまとめました。

【AGAの診療指針】では、各薄毛対処法・治療法が、A(行うよう強く勧められる)・B(行うよう勧められる)・C1(行うことを考慮してよいが十分な根拠がない)・C2(根拠がないので勧められない)・D(行わないよう勧められる)の5段階で評価されています。

【AGAの診療指針】の評価を確認することで、医学的根拠の高い治療法を把握することができ、今後薄毛の対処・治療を行ううえで役立ちます。この指針によると、AGA治療専門クリニックで行える「フィナステリド内服」と「ミノキシジル外用」による薄毛治療がA評価と高い評価を受けていることがわかります。

逆に巷で販売されている市販の育毛剤に含まれる成分は主にC1評価を受けていることがわかります。やはり、市販の育毛剤でケアするよりは、AGA治療専門クリニックで医学的根拠の高い薄毛治療を受けることがAGA改善には有効なのです。

pic/aga/320x200.jpg" /> 2010年4月、専門医10人から構成される日本皮膚科学会により、日本国内で提供されている薄毛の対処法・治療法が精