トップ > AGA治療Q&A > AGA遺伝子検査とは? > これってAGA?遺伝子検査でセルフ診断が可能

これってAGA?遺伝子検査でセルフ診断が可能

最近薄毛が気になるけど、専門病院に行って無料カウンセリングへ行くのも気が引ける・・・
抜け毛が多いけど、将来薄毛になったらどうしよう?病院に行くまででもないけど少し不安

そんな方におすすめなのが、簡単にできるAGAの遺伝子検査です。 検査方法もいたって簡単!なんと頬の内側の粘膜を綿棒で採取して、宅急便で送付するだけで、今後の薄毛対策に関するアドバイスとともに、検査結果が送られてくるんです。

痛みもなく、病院に行く必要もなく、簡単に検査を行うことができるので、毎日忙しくて病院に行く時間がないという方におすすめです。

AGAの遺伝子検査でどんなことがわかるの?

簡単にできるAGAの遺伝子検査。 実際には、以下の内容を遺伝子解析することができます。

AGAを発症する危険度・脱毛リスクを予測
若いうちにAGAが発症し、髪の毛が薄くなってしまうリスクを予測することができます。最近、抜け毛がひどいけど、もしかしたらAGAかもしれないという不安がある方に対して、AGAの発症リスクを予測することができます。 ただ、あくまでも遺伝子レベルでの解析であり、AGAは、遺伝だけではなく、生活習慣やストレスなど様々な要因があることから、参考程度での脱毛リスクの予測ができます。


AGA治療薬フィナステリドによる治療効果の予測
AGAになったら多くの方が行う投薬治療。 なかでも、AGA治療薬フィナステリドは、脱毛を引き起こす原因となるホルモン・DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑えることができる作用をもつ薬です。その治療薬の感受性の高さを遺伝子検査で解析することで、治療薬の効果を予測することが可能です。 フィナステリドは、薄毛改善に効果がある薬といわれていますが、投薬してもなかなか効果を実感できないという方も多くいます。 事前に、フィナステリドによる治療効果を予測することで、実際に病院に行くことがあった際、無駄な投薬治療を受けずに済むことができます。


さらに、遺伝子検査を行うと、あなたに合った薄毛対策を1年間サポートしてくれるというサービスもついています。 ただ遺伝子検査をしたらしたままというだけではなく、きちんと薄毛対策までサポートしていただけるのです。

事前にAGA発症のリスクを知ることで早期治療が可能

AGAは、癌と同じく、早期発見・早期治療がおすすめです。 AGAは、発症すると進行が早く、薄毛の症状がどんどん進行してしまい、髪の毛をつくる元の細胞である毛母細胞や毛根が死んでしまうと、治療薬も効果がなくなってしまいます。薄毛の症状がひどくなる前に、AGA発症のリスクを知ることで、病院での早期の治療を開始することが可能となります。

なんとなく薄毛が気になってきたけど、これはAGAなのかもしれない?という方は、自宅で簡単にセルフチェックができる遺伝子検査を利用するのがおすすめです。

AGAの遺伝子検査は専門病院でも可能

AGAの遺伝子検査は、AGA治療専門病院でも受けることが可能です。 ただ、多くの病院では、血液検査による遺伝子解析を行っています。採血が必要なので、簡単に手軽にできないのがデメリットです。 さらに、病院で遺伝子検査を受けると、料金が高くなるのもデメリットです。

AGA遺伝子検査キットを使えば、綿棒で頬の内側の粘膜を採取するだけだから、自宅で簡単にできて手軽です。料金も、病院で行う遺伝子検査の料金よりも安く済みます。

最近薄毛が気になるけど、専門病院に行って無料カウンセリングへ行くのも気が引ける・・・ 抜け毛が多いけど、将来薄毛になったらどうしよう?病院に行くまででもないけ