トップ > AGA・薄毛治療 > AGA治療薬プロペシア > AGA治療薬プロペシアは副作用が軽微

AGA治療薬プロペシアは副作用が軽微

薬には副作用はつきものですが、プロペシアは副作用が軽微であることが特徴です。 副作用として、男性機能の低下・性欲の減退・胃の不快感などが起こることがありますが、いずれも軽微で日常生活にはほとんど影響がありません。

また、副作用ではないですが、プロペシアを服用することで、前立腺がんマーカーとして使用されるPSAの値が低下する特徴があります。PSAは数値が高いと前立腺がんの可能性が疑われますが、プロぺシアを服用していると低いままとなり、血液検査をしても初期の前立腺がんが見逃される可能性があります。

AGA治療専門クリニックでは、治療を始める前にPSAの数値を確認するので問題ないですが、個人輸入して服用する場合は注意が必要です。

薬には副作用はつきものですが、プロペシアは副作用が軽微であることが特徴です。 副作用として、男性機能の低下・性欲の減退・胃の不快感などが起こることがありますが