トップ > AGA・薄毛治療 > AGA治療薬プロペシア > AGA治療薬プロペシアの特徴と効果

AGA治療薬プロペシアの特徴と効果

プロペシア(一般名:フィナステリド)は、一般的なAGA治療薬の1つです。 プロペシアの服薬治療は、クリニックでの最も一般的な治療方法として行われる治療です。

AGAの原因は、DHT(ジヒドロテストステロン)というホルモンにあります。 DHTとは、テストステロン(男性ホルモンの一種)がII型5αリダクターゼ(還元酵素)によって変換されてできるホルモンで、脱毛を引き起こす原因となるホルモンです。

プロペシアは、II型5αリダクターゼの働きを阻害することにより、テストステロンがDHTへ変換されるのを抑制します。そのため、プロペシアには、AGAの脱毛症状を抑制させる作用があります。

プロペシアは、AGA治療薬として一般的で、個人輸入して購入することも可能となっています。しかし、個人輸入の場合は、偽薬を購入させるトラブルにあったり、副作用で大変な思いをする可能性もあります。 単なる服薬治療といえども、プロペシアの国内正規品を購入でき、副作用にもきちんと対応できるクリニックでの治療を受けることをおすすめします。


AGA治療薬プロペシアによる治療はこんな方におすすめ

はじめてAGA治療を病院で受ける方!
AGAの主な原因は、髪の成長を阻害し、薄毛の原因となる物質DHTにあります。プロぺシアを服用し、AGAの症状を進行させるDHTの生成を抑えることがAGA治療の第1歩です。
プロペシアによる副作用が心配な方!
プロペシアによる副作用は軽微ですが、個人輸入で入手し正規品ではないものの服用すると、思わぬ副作用でトラブルになることもあります。副作用が心配な方はクリニックでの処方がおすすめです。
AGAによる脱毛の進行を食い止めたい方!
AGAは進行性であるため、脱毛が徐々に進行していき、放っておくと、髪の毛がどんどん減ってしまいます。脱毛症状の進行を抑えるためには、プロペシアの服用治療が有効です。

プロペシア(一般名:フィナステリド)は、一般的なAGA治療薬の1つです。 プロペシアの服薬治療は、クリニックでの最も一般的な治療方法として行われる治療です。