トップ > AGA・薄毛治療 > AGA治療薬プロペシア > AGA治療薬プロペシアのみではすぐに薄毛改善できない!?

AGA治療薬プロペシアのみではすぐに薄毛改善できない!?

プロペシアはAGAに最も効果的な治療薬の1つであるため、薄毛が進行してきたらとりあえずプロペシアを服用するのが一般的な治療法です。 しかし、プロペシアのみの単剤処方では明らかな発毛効果が期待できないケースが多いです。

その理由は、プロペシアの薄毛に対する作用にあります。
そもそも薄毛が進行しAGAになってしまう主な原因は、悪性の男性ホルモンDHTにあります。DHTが髪の毛をつくる細胞に溜まることで、成長段階にある細い毛髪の成長を止めてしまい、ヘアサイクルを乱されてしまうことで、抜け毛が目立ち薄毛が進行してしまうことになるのです。

プロペシアを服用することで、AGAの原因であるDHTの生成を抑え、乱れたヘアサイクルを整えることで、今まで細くなった毛髪を丈夫で太い毛髪に改善することができるのです。しかし、プロぺシアの服用により、ヘアサイクルを整えるまでには、長い期間を要することがわかっています。

実際に日本でプロペシアが認可された後、3年間の投与延長試験が行われていますが、薄毛の改善が認められた割合は、服用し続けて2年後で被験者全体の68%、3年後で78%である結果が出ています。このように長期間にわたり服用し続けなければ、薄毛改善の効果は実感できないのです。

また人によっては、プロペシア単剤のみの処方では、明らかな発毛効果を実感することができないケースがあるようです。そのため、多くのAGA治療専門クリニックでは、プロペシアと併用して、毛髪の成長を早める効果が期待されるミノキシジルを処方する治療が行われています。

プロペシアはAGAに最も効果的な治療薬の1つであるため、薄毛が進行してきたらとりあえずプロペシアを服用するのが一般的な治療法です。 しかし、プロペシアのみの単