ミノキシジルは、日本皮膚科学会がまとめた「AGAの診療指針」においても、ミノキシジル外用の" /> AGA治療薬ミノキシジルとは?-横浜のおすすめAGAクリニック

トップ > AGA治療Q&A > AGA治療薬の種類 > AGA治療薬ミノキシジルとは?

AGA治療薬ミノキシジルとは?

ミノキシジルは、日本皮膚科学会がまとめた「AGAの診療指針」においても、ミノキシジル外用の薄毛治療がA評価(行うよう強く勧められる)を受けているほど、医学的根拠があり、高い発毛効果が期待できるAGA治療薬です。 AGA治療薬ミノキシジルの特徴について3つのポイントに分けてまとめてみました。
もともと高血圧を抑える血圧降下剤として使用

ミノキシジルは、毛細血管などの血管を開くことで血の通り道を大きくすることで、血圧を下げる作用がある成分です。もともと、高血圧を抑える血圧降下剤として使用していましたが、使用者に多毛症の症状がみられたことから、転用の研究が行われ、発毛剤として販売されるようになった薬です。 血管が開くことで、頭皮の毛根にも栄養が行き届きやすくなり、その結果、髪の毛にもより栄養が与えられて、発毛・育毛が促されたのではないかと考えられています。

塗り薬として日本で認可!「リアップ」として発売

日本では、ミノキシジルが塗り薬として認可され、1999年に大正製薬から「リアップ」として発売されました。ごくまれに、かゆみや湿疹など軽微な副作用が起きますが、発毛効果は高く、発売以来人気の高い発毛剤です。 発売当初は、ミノキシジル1%配合でしたが、2009年には、より発毛率が高いミノキシジル5%配合の「リアップ」が発売されています。

内服用のミノキシジルタブレット(ミノタブ)も存在する

ミノキシジルは内服薬として使用され、インターネット上では最強の毛生え薬としても評価されています。しかし、ミノキシジルは外用薬としては日本で認可されているものの、内服薬としては日本では未認可となっていて、医師の責任のもとにおいてのみしか処方できません。 アメリカなど海外の国々では内服薬として認可されており、個人輸入でミノキシジルの内服薬を入手することも可能です。 しかし、もともと血圧を下げる薬であるため、低血圧を誘発するなどの副作用が起こる可能性も十分考えられるため、個人輸入して自己判断で内服をせず、信頼性の高い医師の許可のもとで使用するようにしましょう。

pic/drug_minoxidil/250x200.jpg" /> ミノキシジルは、日本皮膚科学会がまとめた「AGAの診療指針」においても、ミノキシジル外用の