トップページ >  AGA・薄毛治療 >  AGA治療薬ザガーロ

AGA治療薬ザガーロの特徴・効果

日本で2015年8月に厚生労働省から製造販売承認を取得し、2016年6月よりAGA治療専門クリニックで処方が開始となったAGA治療薬ザガーロ。 プロペシアよりも強力な脱毛抑制効果がある、新たな有効な経口AGA治療薬として注目されています。

ザガーロの有効成分は、デュタステリドといって、もともとは前立腺肥大症に有効な成分でしたが、後にAGAにも効果があると明らかになったことから、今回新たなAGA治療薬として処方が開始されています。

ザガーロの作用について

ザガーロは、プロペシアと同様、5α還元酵素阻害薬として分類される薬です。 5α還元酵素は、発毛を抑制させる悪性の脱毛ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)を生成する酵素として知られています。

プロぺシアは、この5α還元酵素の働きを阻害することで、脱毛を抑える作用を持つ治療薬です。そのため、服用することで、AGAによる薄毛の進行を止めて、それ以上脱毛しないように、現状の髪の毛を維持することができます。

ところが、プロペシアを服用しても、治療効果が得られない患者もいることが現状です。そのような患者の新たな治療手段として注目されている薬がザガーロです。

実は、5α還元酵素には、Ⅰ型とⅡ型という2つのタイプが存在します。プロぺシアはⅡ型の5α還元酵素のみに作用し阻害するのに対して、ザガーロは、Ⅰ型・Ⅱ型両方の5α還元酵素に作用して、働きを阻害します。そのため、ザガーロは、プロペシアよりも強力に、AGAの原因物質で悪性脱毛ホルモンであるDHTの生成を阻害する作用を有するのです。 これまでプロペシアでは効果がなかった方でも、治療効果が期待できる治療薬なのです。

ザガーロの副作用・服用時の注意点

ザガーロを服用すると、副作用を引き起こすリスクがあります。 主な副作用としては、勃起不全・性欲減退・精液量の減少などがあるといわれています。特に日常生活に支障を及ぼすような副作用ではないですが、既婚者で子作りを考えている方は服用を控えた方がよいです。

また、ザガーロは男性は服用できますが、女性は、妊娠中に男の子の胎児の生殖器の発達を妨げるおそれがあるため、服用はできません。

ザガーロは服用して6ヶ月程度で効果がみられるとされていて、それでも効果がみられない場合は、投薬を中止することになります。6ヶ月を超えて服用する場合は、自己判断で服用せずに、専門医師に相談・確認の上、継続の服用を検討する必要があります。

ザガーロの個人輸入には注意が必要

ザガーロは、個人輸入での購入も可能となっています。 病院に行って処方してもらうのが面倒だからといって、個人輸入でインターネットで購入してしまうことを考えている方も多いと思います。 でも、個人輸入での購入は、購入時のトラブルや安全性を考慮すると、おすすめできません。

実際に、治療薬を個人輸入でインターネットで購入すると、正規品ではない偽薬が送りつけられるというトラブルも発生していて、厚生労働省からも注意喚起されています。

また、専門医による診察もなく、自己判断で服用していると、思いもよらない副作用を起こすことがあり、健康被害が起きる可能性があります。

ザガーロの服用を検討している方は、やはり一度専門のクリニックでの診察を受けた上で、処方していただくのがおすすめです。

AGAスキンクリニック 無料カウンセリング体験レビュー

AGAスキンクリニックの無料カウンセリングってどんな感じなの?どのような治療が行われるの?ちょっと気になる・・・ということで、実際に、AGAスキンクリニックへ来院し、カウンセリング・治療を受けてみました。
AGAスキンクリニック体験レビューはこちら
女性患者専門の薄毛治療クリニックとして定評のある東京ビューティークリニック。 女性の薄毛治療はどのような治療が行われているの?カウンセリングはどのような雰囲気で進められるの?・・・など気になる方のために、実際にクリニックへ来院し、カウンセリング・治療を受けてみました。
東京ビューティークリニック体験レビューはこちら